アレルセラピーセンターグループの-治療方法-・よくある質問|神田 国分寺 八王子に展開。頭痛、うつ、アレルギー、花粉症に悩む方が集うオステオパシー整体院です。

  • アレルセラピーセンター国分寺|042-315-4348
  • アレルセラピーセンター渋谷|03-3466-4200
  • アレルセラピーセンター八王子|042-645-4003

アレルセラピー&オステオパシー-治療方法-・よくある質問

HOME >> アレルセラピー&オステオパシー-治療方法-・よくある質問

アレルセラピー

人体に溜まる重金属や化学物質やストレスや放射線等の原因で脳は誤作動を起こし、アレルギーや病気のプログラムを発動させると考えています。
アレルセラピーは、原因物質を、医師も使用しているOリングテストや腕長反射テスト等のキネシオロジーテストで選び、原因物質の固有振動数で干渉させる事によりプログラムを初期化させる徒手による振動数可変型エネルギーワークです。
現在複数の医師がアレルセラピーを学び、実践しています。

アレルセラピーでは日本全土をイヤシロチ(癒しろ地・運気の良い元気が出る土地)に変えるオールイヤシロチ化運動を行っています。
そのために土地に問題のある方には施術費以外はいただかずに無料でイヤシロチカードをお配りしています。
アレルセラピーは創設者である渡辺綱明氏のもと、特許庁へ出願手続きし、登録認可があり、商標権を取得しました。
[商標登録番号 第5466863号]

アレルセラピーを学びたい治療家の方はこちらをクリック

オステオパシー

オステオパシーは1874年にアメリカの医師アンドリュー・テーラー・スティルによって創始されました。
徒手を巧妙に用いて、身体内部の手の届かないような所まで力をフォーカスさせて、背骨、関節 、頭蓋の矯正あるいは硬膜や血管や間膜を含む筋膜の弛緩を行い、自然治癒を促すホリスティック徒手医学です。
スティルは人体の自然治癒力を敬い、自然治癒に関与する体内のさまざまな液体の流れの改善を重視しました。
液体の流れの改善のためには血管だけでなく、体内に何十畳もの広さのものが折りたたまれて存在する 膜組織の弛緩が不可欠であり、人体を全体的視点で見ていくことが必要になります。
治療部位はいわゆる背骨にとどまる事はなく、解剖学図に書かれたすべての組織は、治療対象となり、症状部位だけに近視眼的治療を施す、対症療法とは一線を画します。

ワンストロークドレナージュ

心臓に向かう方向のマッサージが正しいとされていますが、時によってますます硬くなってしまった経験はありませんか?
中医では流注に従うか逆らうかで効能が違うとしています。
ワンストロークドレナージュでは方向性を正しく診断し、筋膜の中の液体が流れ易くなるように筋膜を開くための特殊な手形を用います。

ワンストロークドレナージュ協会では学びたい方のために講座を開いています。


Q&A よくある質問

同じ背骨が繰り返し歪んで硬くなるのはなぜ?
縦に伸びる筋膜とは別に、背骨から横に伸び、手足に向かう筋膜があります。

その筋膜は臓器と関連していて、東洋医学で言う経絡と重なります。思い癖や環境毒や気候の変化や食品アレルギーによって、経絡は脳からの誤作動で硬くなり、背骨をずらします。
誤作動をリセットした上で、長い筋膜をリリースしつつ脊椎矯正する必要があります。
何回で治りますか?
重篤な疾患が潜んでいない限り、急性の腰や頭や首や関節の痛みは1ないし2回で消失する場合が大半です。
慢性の場合でも四六時中つらいという状態は1回目から無くなるのが常です。
四六時中つらいという状態は脱しても、治療室では再現性の無い症状、例えば雨の時がつらいとか車の運転の際につらいといった条件付の症状へと移行することが多いです。
そんな時に当センターで行っている条件反射をリセットしていく治療が、真価を発揮していき、条件付症状が解決していくことの面白さを体感すると思います。
背骨の矯正は痛くないですか?
知恵の輪を外す時のように、理詰めで痛みを伴わない矯正ですので、ご安心ください。
母体にいる時に体質が決まると聞きましたが?
母親の胎内にいる約9ヶ月の間に、魚類から爬虫類そして哺乳類に至る進化の過程を、胎児は辿ります。
例えば右足を形成する時に、母体を取り巻く様々な環境がマイナスであったならば、大人になってからも右足は捻挫が治りにくい、自然治癒の基本となる胎生学的液の流れが、右足のエリアにおいて悪いという傾向を引きずります。
アレルセラピーでは、胎生期に遡ってプログラムをリセットする療法があります。

PAGE TOP