アレルセラピーセンターグループの頭痛とは・うつ(鬱)・不眠・発達障害|神田 国分寺 八王子に展開。頭痛、うつ、アレルギー、花粉症に悩む方が集うオステオパシー整体院です。

  • アレルセラピーセンター国分寺|042-315-4348
  • アレルセラピーセンター渋谷|03-3466-4200
  • アレルセラピーセンター八王子|042-645-4003

頭痛とは・うつ(鬱)・不眠・発達障害

HOME >> 頭痛とは・うつ(鬱)・不眠・発達障害

頭痛とは


頭痛ケースその1

頭痛ケースその2

(特にダウニーの香りで増悪)

頭痛ケースその3

※以上の3つのケースは膨大な頭痛ケースの中の一例に過ぎません。

うつ(鬱)・不眠・発達障害

うつとアレルギー

脳に不可欠な

といったケースはよくあります。
その他に、フェニルアラニン・セロトニン・エンドルフィン・オキシトシン・グルタミン・脳下垂体等への拒絶を除去する必要があるケースも多々見られました。

不眠とアレルギー

睡眠障害の不眠では、メラトニン・松果体や寝床のシーツ、洗剤へのアレルギーの他、寝床のジオパシックストレス(地磁気の異常)も関係している場合が多かったです。

起床障害とアレルギー

起床障害の場合、上の不眠の原因で熟睡が得られない場合に加えて朝の青色光線・NO・視交叉上核への拒絶etcも関与していたケースがありました。
現実逃避型の場合、ストレス除去・逃避したいアレルギー除去が必要であることは言うまでもありません。

発達障害

発達障害は、様々な栄養アレルギーに加えて、自身の脳に対する拒絶や様々な神経伝達物質に対するアレルギーが関与しているように思います。
脳の誤作動リセットの他、脳や頭蓋に対する高度なオステオパシーとメンタルへの深いアプローチを必要とします。


PAGE TOP